愛知・静岡などのガスコンロ・食洗機・エコキュートなど激安住宅設備の交換・リフォームならマルタケ

IHクッキングヒーター最大82%OFF

IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーターについて詳しく知る

IHヒーターのおすすめ機種

当店のプロがIHクッキングヒーターのおすすめ機種を5つ選びました!

IHヒーターで使用できる鍋

IHクッキングヒーターで使用できる鍋と見分け方についてご紹介!

IHヒーターの電気代

IHクッキングヒーターの電気代と節約する方法をご紹介しています。

 LINE簡単見積り

IHクッキングヒーターの選び方

IHとは、Induction Heatingを略したもので、電磁誘導加熱のことです。
トッププレートの下にある、磁力発生コイルから発生した磁力線が、鍋底を通過するときにうず電流となり、その電流の抵抗で「鍋底自体が発熱する」というしくみになっています。
昔と比べて、最新のIHクッキングヒーターは機能はもちろん、スッキリとしたデザインで機能も充実しています。
IHクッキングヒーターを選ぶ際の参考にして下さい。

天板の幅で選ぶ

IHクッキングヒーターには、天板幅60cmと75cmの2種類のサイズがあり、キッチンの幅にあわせてサイズ選んでいただくのがオススメです。

60cm

左右の調理スペースを広く使えることができるので、広く場所を取って調理したい方にオススメ。

75cm

天板幅が広くゆとりがあり、60cmタイプより加熱部分の間隔が広くなるので、スペースを鍋などの仮置きに利用できます。
大きな鍋などを2つ並べて調理することが多い方にオススメです。
オーブンの有無で選ぶ

電気オーブンが付いてない場合は、基本的にはどの商品でも交換可能です。(ごく一部に例外があります。)
電気オーブンが付いている場合、IHクッキングヒーターのみ交換するのであれば既設電気オーブンと同じメーカー同士にしなければなりません。
例えば、IHクッキングヒーターと電気オーブンのメーカーがパナソニックでIHクッキングヒーターのみ交換する場合、他メーカーの三菱電機や日立製品は交換できません。
IHクッキングヒーターと電気オーブンを一緒に交換する場合も同じメーカー同士にしなければいけません。
また、IHクッキングヒーターのみ取り替えて、電気オーブンを撤去してキャビネットに変えることもできます。 ※IHクッキングヒーターとガスオーブンの組み合わせは、排熱(燃焼ガス)の関係でできません。
必ずIHに対応するビルトイン電気オーブンと組み合わせてお使いください。

デザインで選ぶ

操作方法

IHクッキングヒーターは炎がないので、目で火加減を確認することができません。
数字や液晶画面でヒーターの温度を確認します。
従来のガスコンロに近いダイヤル操作、天面操作、ワンタッチパネル操作式などがあります。 実際に触ってみて使いやすいものを選びましょう。

ヒーターの数と熱源の種類

IHクッキングヒーターのヒーターは3口と2口のものがあります。
3口のものには3口すべてIHヒーターのものと、2口がIHヒーターで1口がラジエントヒーターのものがあります。

オールメタル対応

従来のIHでは加熱できなかった多層鍋や銅・アルミ鍋・両手鍋なども使用できます。 ※鍋の種類・材質・鍋底の形状、大きさなどによっては、火力が弱くなったり、加熱できない場合があります。
左右ヒーターの両方どちらもオールメタル対応のものをダブルオールメタル、 片側のみがオールメタルのものをシングルオールメタルといいます。

鉄・ステンレス対応IHヒーター

鍋底の形状が平らな鉄・ステンレス(一層)鍋などが使用できます。
磁力線の働きで鍋自体が発熱するので、エネルギーをムダなく食材に伝え、加熱することができます。
IHは熱効率が高く、とろ火から強火まで調理に合わせてきめ細かな火力調節ができます。
本格的なステーキやシャキッとした炒めものなどがおいしく調理できます。湯沸かしもスピーディにできます。

ラジエントヒーター

IHクッキングヒーターでは使えない超耐熱ガラスは使えます。
するめや焼き海苔などをあぶるのに便利です。 ただし、トッププレートの上に直接食材を置いて調理しないでください。

機能で選ぶ

グリル

グリルには両面焼き、水なし・水ありタイプがあります。
現在では、水なし両面焼きが主流になっており、裏返す手間も不要です。
また、グリルのオプション機能にも様々なものがあり、時短・節電できる快速コースやお好みで火力と時間を設定できる手動調理機能・魚を自動で焼き上げるオート機能など塔載されています。
一部機種では、メーカー専用の容器を使用する事で、煮る・焼く・蒸すなど、より多彩な料理が楽しめます。
また、メーカーや機種によってグリルのサイズや仕様も色々なバリエーションがあります。

三菱電機
熱風循環加熱式の「びっクリアオーブン」でヘルシーさが人気なノンフライ調理が手軽においしくできます。
熱風を循環させて加熱するため、油を使わずカラッとサクッとおいしい揚げものが仕上がります。 また、庫内が広々なので高さのある食材もまるごと調理できます。 パナソニック
下からIH、上から遠赤のW包み焼き機能でぐるりと焼き上げ、うまみをギュッと閉じ込めます。 また、大火力で食材の表面・内面を同じタイミングで焼き上げ、表面はパリッと、内部はうまみを逃さない焼き上げを実現しました。
日立
「グリル」と「オーブン」を使い分けて、多彩な料理を気軽においしく楽しめます。グリルは、炭火のようなシーズーヒーターの遠赤・近赤外線で、裏返す手間なく表面をパリッと焼き上げる魚焼きやノンフライ、過熱水蒸気などのグリル調理に。オーブンは、じっくり火を通すローストビーフ、パエリアなどのオーブン調理が楽しめます。専用フタを使うと、焼き蒸しやパン・菓子も手軽おいしくできます。

安全機能

IHヒーターに鍋を外したままにすると、自動でヒーターが切れる鍋なし自動停止機能や、最終操作から一定時間が過ぎると自動的に通電を停止する切り忘れ防止機能などがあります。
他にも、全ヒーターが使えないようにできるチャイルドロック機能、鍋底やグリル庫内が高温になりすぎないように、自動で火力をコントロールする温度過昇防止機能が搭載されています。
安心して使えるIHクッキングヒーターが充実しています。

高齢者向け

手順や注意を音声でお知らせしてくれる音声ナビや、色分けされた操作部で押し間違いを防ぐ工夫がされていたり、文字が大きく簡単操作で見やすいので安心して使えます。
また、三菱電機のらく楽IH(CS-G20AKS)には、揚げ物調理中にIHの前から離れると音声で注意、不在時間が続くと火力をオフしてくれる見まもりセンサーが搭載されています。
高齢者でも安心して使いやすいIHクッキングヒーターです。

便利機能

天ぷらなどの揚げもの調理に応じて、お好みの温度に設定すれば、火加減を自動調節してくれる温度機能調節や沸騰後は自動的に一定時間保温する自動湯沸かし機能、調理の時間をあらかじめ設定しておけば自動的にオフしてくれるタイマー機能があります。

レンジフード連動

IHクッキングヒーターの点火・消火と連動して、レンジフードが自動で換気運転を開始・停止をするので、スイッチに手を伸ばす必要がありません。
点け忘れ・消し忘れを防ぎ、キレイな空間を保つので、レンジフード連動タイプのIHクッキングヒーターがオススメです。
この連動機能を使うには、レンジフードとIHクッキングヒーターのどちらも連動対応のものを設置する必要があります。
また、ほとんどのメーカーが共通の赤外線信号もしくは互換性のある赤外線信号を採用しているので、レンジフードとIHクッキングヒーターのメーカーが異なっていても、連動機能は問題なく使えることが多いです。
ただし、細かい機能を最大限に活用するには、同じメーカーで揃えることをオススメします。

お手入れで選ぶ

IHクッキングヒーターは、トッププレートにゴトクなど凹凸がないので、ふきこぼれてもサッとふくだけでOK。
ふきこぼれても焦げ付きにくく、お手入れがとても簡単です。
上昇気流が少ないため、飛び散りや油煙が少なく、壁や換気扇などのベタベタも軽減されます。
グリル部は、フラットな庫内でとても拭き取りやすくなっています。
グリル庫内の部品は分解して取外せるので、(グリル皿・グリル皿受け・グリル扉)とてもお掃除がラクラクです。
また、メーカーによってお手入れの仕様も色々なバリエーションがあります。

三菱電機
焼き魚等で心配な煙を、ファンで吸引してパラジウム+プラチナ触媒で除去。
さらにニオイは、油汚れを高温で焼き切り、側面・奥面コートで分解するグリルお手入れ機能(空焼き)で抑えます。
パナソニック
調理中に出る油煙の多くは、食材から出た油が下ヒーターにあたって発生します。
パナソニックのラクッキングリルは下ヒーターに油があたらない構造の為、油煙を軽減します。
また、庫内をきれいに保つことができるセルフクリーニング機能がオススメです。
日立
深さのあるグリル(波皿)とオーブン(平皿)が、調理中の油の飛び跳ねをしっかりガードします。
グリル調理後も、オーブン調理後も、庫内はきれいなまま。ニオイが気になったときはクリーニングで庫内を高温にして、油汚れを乾燥させてニオイを軽減。

IHクッキングヒーターの設置・交換の流れ

STEP1  お問合わせ・ネット見積り依頼
 お問合せは、お電話・メール・LINEから受け付けております。
 メール・LINEであれば、24時間いつでもお見積り依頼が可能です。
 現在ご使用のお写真・品番をお送りいただければ、設置・交換機種の選定、適合確認も
 あわせて行います。
STEP2  見積り確認・ご注文
 お見積りの内容をご確認いただき、ご納得いただけましたら、商品の手配を致します。
STEP3  日程調整・工事日のご案内
 商品の納期確定後、工事日のご案内をさせていただきます。
STEP4  設置・交換工事
 工事日当日、当社のスタッフがお客様のお宅へお伺いし、設置・交換工事を行います。

IHクッキングヒーターの設置・交換のよくあるご質問

Q IHクッキングヒーターはどういう仕組み?
A IHとは、「Induction Heating (インダクションヒーティング) 」を略したもので、電磁誘導加熱のことをいいます。 トッププレートの下にある磁力発生コイルから発生した磁力線が、鍋底を通過するときにうず電流となります。その電流の抵抗で「鍋底自体が発熱する」という仕組みになっているため、火を使わずに調理をすることができます。
 
Q ラジエントヒーターってなに?
A ラジエントヒーターは、トッププレートの下に埋め込まれている「ニクロム線」が発熱し、トッププレートを熱することで鍋やフライパンを加熱します。 IHヒーターでは使用できない金属製や超耐熱ガラス製の鍋、土鍋などが使えます。 ただし、火力や熱効率が低いため、電気代が高くなります。※ラジエントヒーターは、トッププレートが直接高温になるため、使用中は注意が必要です。
 

ラジエントヒーターの活用法について  > 

Q オールメタル対応ってなに?
A オールメタル対応IHヒーターは、通常より加熱周波数を大きくすることで、電気抵抗の小さいアルミや銅鍋の加熱を可能に。 また、コンロ上の鍋の材質を自動的で判別し、乗せられた鍋が電気抵抗が小さければ大きな電磁線を流します。 そのため、銅製の調理器具であっても、同じヒーターで加熱することができるようになりました。 通常の鉄やステンレス対応ヒーターで使える鉄、鉄ホーロー・ステンレスはもちろん、多層鍋や銅・アルミなど磁石の付かない金属製鍋も加熱可能です。
 

オールメタルについて  >

Q IHクッキングヒーターで使える鍋は?見分け方はある?
A IHクッキングヒーターは基本的に「鉄やステンレス、ホーロー」の鍋であれば使用できます。 同じ金属であっても、銅やアルミのみで構成されている鍋は使用できません。 ※オールメタル対応は、使用することができます。
 

IHクッキングヒーターで使える鍋について  >


同時施工お値引き
保証内容