愛知・静岡などのガスコンロ・食洗機・エコキュートなど激安住宅設備の交換・リフォームならマルタケ

トイレ最大82%OFF

トイレ

■価格改定のお知らせ

■定休日変更のお知らせ

■一部商品納期遅延のご案内

トイレの交換、取り替えなら【マルタケ】におまかせください!
1947年創業!長年の経験と実績による「安心・丁寧」な施工を行います!
TOTO、LIXILなどの最新トイレを低価格にてご提供しております!お見積り無料なのでお気軽にご相談ください。

リフォームでありがちな不透明な請求やお客様ごとに価格が異なることはありません。工事全般で必要となる費用を含んだ価格でご提供させていただきます!出張費・配管工事費・廃材廃棄費などの諸経費すべてが含まれております。

トイレ一覧


 
 
TOTO
LIXIL (リクシル)
パナソニック

トイレ

トイレについて詳しく知る

 

便器の排水芯と排水方法の調べ方

便器の排水芯と排水方法の調べ方についてご紹介!

タンクレストイレの仕組みと特徴

タンクレストイレの仕組みと特徴について徹底解説!

 
LINE簡単見積り

トイレの選び方

トイレの選び方をまとめました。 トイレを選ぶ際の参考にして下さい。

トイレのタイプで選ぶ

組み合わせ便座

最も普及している種類です。
独立した便器・タンク・便座を組み合わせた形状で、便座(ウォシュレット)は別売りになります。
〈メリット〉
・価格帯がリーズナブルです。
・組み合わせるウォシュレットによって、防汚性能・清掃性・利便性を高めることができます。
・タンク上部の、手洗いの有無が選べます。
・必要に応じて、便座のみ交換をできます。
〈デメリット〉
・凸凹している形状なのでタンクレストイレより掃除しにくくなります。
・タンク部分に水が溜まるまではトイレを流せません。

一体型トイレ

便器・タンク・便座(ウォシュレット)が一体型のトイレです。
手洗付きとなしが選べます。
〈メリット〉
・凸凹がない形状なので掃除がしやすくなります。
・タンク上部の手洗いの有無を選べます。
・手洗い付きの場合、組み合わせ便座より手洗いがしやすい形状です。
〈デメリット〉
・ウォシュレットや本体が故障した場合に、機能部を丸ごと交換しなければならないことあります。
・タンク部分に水が溜まるまではトイレを流せません。

タンクレストイレ

水を溜めるタンクがない、タンクレストイレです。
デザイン性が高さで人気のタイプ。
〈メリット〉
・トイレが広く使えます。
・凸凹がない掃除がしやすい形状です。
・見た目がすっきりしているのでデザイン性が高くなっています。
〈デメリット〉
・タンク付きより少し高価です。
・手洗いが別に必要になります。
・水圧が低いと設置できないことがあります。
・ウォシュレットや本体が故障した場合に、機能部を丸ごと交換しなければならないことあります。
・タンクがないので停電時にはバケツで流す必要があります。

システムトイレ

手洗い器や収納など自由に選択可能。
お好みのトイレ空間にデザインできます。
〈メリット〉
・収納タイプを選択すれば、トイレ用品がすっきり整理できるます。
・セット商品のため、仕上がりのトイレ空間がカタログを見てイメージしやすくなります。
・手洗器の設置は、既存の給排水を利用できるため、大掛かりな給排水工事が不要です。
〈デメリット〉
・収納タイプには、設置可能な間口幅に制限があり、狭いトイレルームには向きません。
・通常タイプのトイレ(組み合わせ便器・一体型トイレ・タンクレストイレ) と比べると工事の時間が長くなります。

トイレの設置・交換の流れ

STEP1  お問合わせ・ネット見積り依頼
 お問合せは、お電話・メール・LINEから受け付けております。
 メール・LINEであれば、24時間いつでもお見積り依頼が可能です。
 現在ご使用のお写真・品番をお送りいただければ、設置・交換機種の選定、適合確認も
 あわせて行います。
STEP2  見積り確認・ご注文
 お見積りの内容をご確認いただき、ご納得いただけましたら、商品の手配を致します。
STEP3  日程調整・工事日のご案内
 商品の納期確定後、工事日のご案内をさせていただきます。
STEP4  設置・交換工事
 工事日当日、当社のスタッフがお客様のお宅へお伺いし、設置・交換工事を行います。

トイレの設置・交換のよくあるご質問

Q タンクレストイレとは?
A その名の通り、水を貯めておくタンクがないトイレのことです。。 便器と便座が一体型になっており、ウォシュレットが標準装備されています。 水道から直接水を流す仕組みのため、節水ができるエコなトイレです。
 

タンクレストイレについて  >

Q 床排水と壁排水の違いは?
A 床排水は、トイレの床に向かって排水するタイプ、 壁排水は、トイレの壁に向かって排水するタイプです。 便器を横からのぞいた場合、便器本体から陶器が突き出していて、配管が見えなければ床排水、陶器が突き出していて配管につながっていれば壁排水です。 トイレを交換する際に、ご自宅の排水管が床と壁、どちらに接続されているのか確認する必要があります。 どちらの排水方法か判断が難しい場合は、お気軽にお問い合せください。
 

トイレの排水方法について  >

Q 便器にサイズってあるの?
A 便器のサイズには、大型サイズ(エロンゲート)と標準サイズ(レギュラー)の2種類あります。 違いは開口部の大きさです。現在では大型サイズ(エロンゲート)が主流となっています。
 
Q ペットボトルをタンクに入れる節水方法は効果あるの?
A ペットボトルをタンクに入れる節水方法ですが、タンク内の水量が減ってしまい、汚物が流せなくなってしまう可能性があります。 詰まりの原因になりますので、タンク内には何も入れないようにしましょう。 節約効果を求めるなら、節水トイレに交換することをオススメします。

同時施工お値引き
保証内容