ガスコンロ・食洗機・エコキュートなど激安住宅設備の交換・リフォームならマルタケ

ウォシュレット

ウォシュレットの交換、取り替えなら【マルタケ】におまかせください!

1947年創業!長年の経験と実績による「安心・丁寧」な施工を行います!

最新ウォシュレットを低価格にてご提供しております!お見積り無料なのでお気軽にご相談ください。

リフォームでありがちな不透明な請求やお客様ごとに価格が異なることはありません。工事全般で必要となる費用を含んだ価格でご提供させていただきます!出張費・配管工事費・廃材廃棄費などの諸経費すべてが含まれております。

ウォシュレット

ウォシュレットの選び方

ウォシュレットを選ぶにあたり、まず初めにすべきことは自宅のトイレの確認が必要です。

① 便器のサイズ

通常、トイレの便器には開口部の大きさが標準的なレギュラータイプ、開口部が大きいエロンゲートタイプの2種類があります。 具体的には、レギュラータイプは、便器取り付け穴から便器の先端までの長さが440mm、開口部の縦の長さが320mmから340mm。エロンゲートタイプは、便器取り付け穴から便器の先端までの長さが470mm、開口部の縦の長さが360mmから380mmです。昨今の温水洗浄便座は、どちらのタイプにも対応可能な兼用タイプが主流です。 しかし、兼用タイプをレギュラータイプの便器に取り付けた場合、便座の先端が便器より少し出っ張ったり、便器のふちが見えてしまったりなど、ぴったり取り付けることができない場合があります。 ウォシュレットが元の便器とぴったり合わないことが気になる方は、購入前にきちんとサイズを測っておく方がベターでしょう。

② トイレスペース

ウォシュレットを取り付けるためには、トイレスペースに十分な広さがあるかどうかをきちんと把握しておくことが必要です。 たとえば、レギュラータイプの便器に兼用タイプのウォシュレットを取り付けた場合、便器取り付け穴から便座の先端までの長さが既存の便器よりも微妙に長くなることがあります。 そうなった場合に、扉の開閉が可能かどうか、便器周りのスペースが狭すぎることによる不都合が起きないかどうかをきちんとシミュレーションしましょう。 トイレスペースは便器から前の壁までの距離だけでなく、便器から横の壁までの距離も重要です。 目安としては、便器の中央から左右の壁まで、それぞれ300mm前後の空間があれば、ウォシュレットの取り付けが可能。 購入前に、自宅のトイレスペースの広さを正確に把握しておきましょう。

③ 電源

トイレに電源コンセントがあるかどうかも併せて確認しておきましょう。 ウォシュレットを取り付けるには、100Vの電源コンセントが必要です。ウォシュレットのコードは平均約1m。 コンセントが便器から離れている場合、コードがコンセントに届くかどうかに注意しましょう。

ウォシュレットのタイプで選ぶ

貯湯式

洗浄する湯を普段からタンクに貯めておき、保温しておくタイプです。 〈メリット〉 ・瞬間式と比べると、製品の価格がかなり安くなります。 ・お手ごろ価格の製品でも、便利な機能がついています。 〈デメリット〉 ・温水を24時間保温しておくため、電気代が高くなります。 ・タンクの中で保温中の温水に雑菌が繁殖する可能性があります。 ・続けざまにトイレを利用すると、湯切れの可能性があります。

瞬間式

洗浄するときに瞬間的に湯を沸かすタイプです。 〈メリット〉 ・便利な機能が豊富です。 ・必要なときに瞬間的に湯を作るので、湯切れの心配がありません。 ・年間の電気代が安くなります。 〈デメリット〉 ・ボタンを押してから温水が出るまでの間に多少のタイムラグがあります。 ・製品の値段が高くなります。

リモコンの使用で選ぶ

リモコンが便座と一体化しているタイプ

スペースをとりますので、十分なトイレスペースが確保できるかどうかを確認することが必要です。

リモコンが便座と分離しているタイプ

一般にリモコンは壁に取り付けることが多いので、賃貸住まいの方は注意です。 必ず壁に取り付けなければならないわけではないので、どうしても分離タイプが良いという場合は、ショップに相談してください。

搭載機能で選ぶ

脱臭機能

温風乾燥

防汚



ノズル洗浄

自動洗浄

自動開閉



TOP
TOP