ガスコンロ・食洗機・エコキュートなど激安住宅設備の交換・リフォームならマルタケ

給湯器

給湯器の交換、取り替えなら【マルタケ】におまかせください!

1947年創業!長年の経験と実績による「安心・丁寧」な施工を行います!

最新給湯器を低価格にてご提供しております!お見積り無料なのでお気軽にご相談ください。

リフォームでありがちな不透明な請求やお客様ごとに価格が異なることはありません。工事全般で必要となる費用を含んだ価格でご提供させていただきます!出張費・配管工事費・廃材廃棄費などの諸経費すべてが含まれております。

給湯器

給湯器の選び方

給湯器の選び方をまとめました。給湯器を選ぶ際の参考にして下さい。

ガス給湯器と石油給湯器の違い

ガス給湯器

〈メリット〉 瞬間式なので無駄が少なくなります。 設置スペースが小さくて済みます。 給湯器本体が安価です。 〈デメリット〉 ランニングコストが石油給湯器より高くなります。

石油給湯器

〈メリット〉 ランニングコストがガス給湯器より安くなります。(灯油の価格に左右されます。) 〈デメリット〉 石油タンクの取り付けスペースが必要になります。 給油の手間がかかります。 こまめな手入れが必要です。 ガス給湯器に比べると寿命が短い場合が多くなります。

号数で選ぶ

「号数」とは、水温+25℃のお湯が、1分間に出る量(L)のことです。 号数が大きいほど、一度に大量のお湯を使うことができます。 家族の人数、同時にどれだけのお湯が必要なのかを考えて、最適な号数を選択しましょう。 水温が下がる冬場は出せるお湯の量が少なくなることも考慮し、号数の決定は「冬場の水温」を基準にするとよいでしょう。

16号

1人~2人家族におすすめ

20号

2人~3人家族におすすめ

24号

4~5人家族におすすめ
設置タイプで選ぶ

設置フリータイプ(浴槽一つ穴)

給湯器から離れた浴槽でも、ポンプでお湯を循環させて湯はり・追い炊きができるタイプです。 壁掛けタイプと、据え置きタイプがあります。

浴槽隣接設置タイプ(浴槽二つ穴)

給湯器を、浴室に隣接して設置するタイプです。

住居のタイプで選ぶ

戸建ての場合

・屋外壁掛け型:外壁に壁掛け ・屋外設置型:床に据え置き ・屋内設置型

集合住宅の場合

・屋外壁掛け型:ベランダなどの外壁に壁掛け ・PS(パイプシャフト)設置型:玄関外の扉ボックス内

種類・機能で選ぶ

給湯専用機

キッチンやシャワーなどの給湯ができる給湯専用タイプです。 追い炊きはできません。

ふろ給湯器

給湯+自動湯はりや追い焚き機能を備えたタイプです。

給湯暖房熱源器

給湯+自動湯はりや追い焚き、温水暖房の機能を備えたタイプです。

【ふろ給湯器・給湯暖房熱源器は自動湯はりを備えています】

フルオート

「お湯はり」「保温」「追い炊き」「たし湯」「追い炊き配管洗浄」までを自動で行う全自動機能です。 オートタイプの自動運転に「足し湯」も組み込んだタイプです。足し湯まで自動で行えるということは、「水位を管理している」ということを表します。 つまり、常に決められた水量をたもってくれるということです。 なお、「追い炊き配管自動洗浄」が付加されているので、排水時に一定量のお湯を流し、配管を清掃してくれます。

オート

「お湯はり」「保温」「追い炊き」までを自動で行います。設定した温度で常に湯船を満たしてくれ、手動操作は「足し湯」だけとなります。 オートで足し湯を手動選択した場合、「水位のセンサーがない」のでお湯があふれる可能性があり、ある程度は湯船を確認する必要があります。

エコジョーズ

従来タイプの給湯器はお湯を沸かす際、約200度の燃焼ガスをそのまま排出していましたが、エコジョーズタイプの給湯器は、その排熱を再利用することで、ガス消費量を抑える事ができます。 効率的にお湯を沸かせるので、ガス代も従来品と比べると年間で約12,500円も節約できます。(プロパンガスの場合) 瞬間湯沸かし式だから見た目もコンパクトで置き場所にも困りません。 大きさはエコキュートの10分の1程度。しかも、必要な時に必要なだけお湯を沸かせます。瞬間湯沸かし式のエコジョーズならお湯切れの心配もありません。 エコジョーズは購入時の商品代金が、従来の給湯器より高価ですが、節約できるガス代と耐用年数を考えれば、4年目程度で元がとれる計算となり、結果として従来のタイプよりもお得になる仕組であると言えます。

給湯器を設置頂いたお客様の声

TOP
TOP